鈴木二美雲のプロフィール

三味線弾きの雲助!こと・・・鈴木二美雲の経歴

16歳の頃、初めて三味線を始める。

この年で始めたのが「小唄に端唄・俗曲」でした。

その後、民謡三味線を始め昭和55年に「鈴木二美雲」を襲名致しました。

平成2年「鈴木伸一と仲間たち」を結成

平成4年  津軽・秋田三味線を本格的に始める。

そして、三味線を担いで全国ライブ活動を始める。

平成15年独立して、民謡グループ「絃友会」を旗揚げする。

平成17年 埼玉民謡協会8段名誉教授授与

現在「さいたま市七里・岩槻区本丸・絃友会本部」にて三味線教室を開講中

三味線弾きの雲助!として、雲助流エレキ三味線(自家製の)を抱いての

 “雲助!一人会” また、絃友会社中を引き連れての「津軽三味線と民謡ライブ」などで、活躍中!